ArxCup(トーナメント戦)

2021年からの新しい取り組みとして、
トーナメント戦を開催します!

このページでは新たに開催するトーナメント戦の内容について、ご案内しています。

※アークスリーグのメインは「リーグ戦」です。
 リーグ戦の対戦表や順位表はこちらからご確認ください。

■トーナメント表(作成作業中です)
サタデートーナメント2021
サンデートーナメント2021

1.ArxCup(トーナメント戦)規定
・ArxCup(アークスカップ)と称する、土曜活動チーム向けの「サタデートーナメント」、日曜活動チーム向けの「サンデートーナメント」の2つのトーナメント戦を設定。
・トーナメントへの参加は希望制(先着挙手性)。サタデートーナメント最大16チーム、サンデートーナメント最大16チームにて実施。
(参加チームは1月に募集予定です。※年会費納入済のチームが対象です。)
・サタデートーナメントは土曜日に対戦、サンデートーナメントは日曜日に対戦するものとし、指定曜日以外の日程では対戦できませんが、祝日については、対戦両チームの合意があれば、対戦を設定することが可能です。ただし、あくまで原則は、土曜、日曜の対戦ですので、祝日の対戦を相手チームに強要はしないでください。(どうしても指定曜日での対戦が実現できず、両チームの合意のもと、どうしても祝日でないと日程調整ができない場合は、祝日の対戦が可能です。)
・2021年はアークスリーグとしてトーナメント初開催のため、「試行」の位置づけです。(試行錯誤しながら、より良いトーナメントを目指します)
・トーナメント参加にあたり、追加の参加費等の負担はありません。
・アークスリーグとしてのメインは、あくまでリーグ戦です。トーナメント戦のみの参加はできません。
・サタデートーナメント(土曜)とサンデートーナメント(日曜)の重複エントリーはできません。
・対戦の抽選は事務局で代行します。(なるべく活動範囲が近いチーム同士の対戦となるようにする等配慮します)
・1回戦:3月~4月、2回戦:5月~6月、準決勝:7月~8月、決勝:9月~10月の間に実施していただきます。
(参加チームが少ない場合は、対戦日程に余裕が出ます。上記は最大の参加チーム数(16チーム)で開催された場合の日程です)
・敗戦してしまった場合は、その時点でトーナメント戦としては終了です。敗者復活戦はありません。
・自チームでグラウンドが確保できないチーム様もトーナメント参加可能です。
(対戦両チームが自力でグランド確保できない場合は、teamsの大宮けんぽグラウンド予約代行サービス等のサービスを利用して各チームにて確保していただきます。)
・自チームの活動エリア外での対戦も積極的に調整をお願いします。(「ウチのチームは〇〇区以外では絶対に試合しない」等のスタンスでは、対戦調整が極めて難しくなります。)
・ギャラクシーディビジョン所属チームは、トーナメントへの参加の権利はありませんが、ギャラクシーディビジョン内でのトーナメントまたは総当たり短期戦の開催を別途予定しています。
・トーナメント戦の試合結果も通常のリーグ戦の勝敗として、勝ち点計上していただけます。
・トーナメント優勝チームには賞品を授与します。
・チーム代表者の連絡先(メールアドレスと携帯電話番号)を対事務局から戦相手に開示します。(連絡先の開示については、トーナメント戦への申込み時点で、同意したものとします。)
・新型コロナ感染症拡大の状況次第では、中断、中止(取りやめ)する場合があります。その場合は、リーグ事務局の指示に従ってください。

2.ArxCup(トーナメント戦)の進め方
・対戦が決定した両チームに、それぞれ、対戦相手チームの連絡先(メールアドレス、携帯番号)を、事務局より開示します。
・両チームで連絡をとりあい、対戦期限までに対戦してください。
・対戦が行われた試合は通常通りリーグ戦としての勝ち点がつくこととなります。
・対戦が決まったら、対戦システム(Pancho)の「場所」の入力項目の「先頭」に「【サタデーT】」または「【サンデーT】」と必ず記入してください。
(入力例:「【サンデーT】光が丘公園野球場A面」)
・対戦が終了したら、Panchoへ結果を登録してください。事務局側でPanchoから結果を吸い上げ、トーナメント表に反映します。なお、トーナメント表への結果反映は、Panchoへの結果登録から2週間以内を目安に行います(事務局への試合結果の個別連絡は不要です。必ず、Pancho上で、【サタデーT】【サンデーT】と表示し、トーナメント戦であることを明示してください。なお、もし個別に対戦結果のご連絡をいただいても、対応できませんのでご了承ください)。
・試合が引き分けとなった場合でも、トーナメント戦においてはどちらかのチームが勝ち上がりとなります。
(引分けの場合は、9名対9名のジャンケンを行い、トーナメント戦としての勝敗を決定してください)しかし、その場合でも公式戦の記録としては引き分け(勝ち点2ずつ)となります。
・万一、期限内に対戦ができない場合には、期限内に対戦が不可であることが判明した時点で、以下の手順のいずれかにてトーナメント勝敗を決定のうえ、リーグ事務局宛に個別ご連絡をお願いします(事務局へのご連絡は、リーグHPの「お問合せ」からお願いします)。
・その他、当該規定に記載のない項目(規定、ルール等)は通常リーグ戦と同様です。
・2021年は試行であることを考慮し、トーナメント戦開始後であっても、本規定は随時変更することがありますので、ご了承ください。

(重要)<期限内に対戦できなかった場合>
◆バーチャルじゃんけんによるトーナメント戦の勝敗決定
・以下の場合は、バーチャルじゃんけんにて勝敗を決定しますので、両チームの代表者は、リーグWebサイトのトップページ「お問合せ」から、リーグ事務局宛に「じゃんけんメール」(グー・チョキ・パー)を5番手まで記入してお送りください。
○善処したが両チームともにグラウンドを確保できなかった場合。
○雨天中止等にて期限までに対戦できなかった場合
○両チームともにがグラウンドを確保したにもかかわらず、対戦調整がまとまらなかった場合
○片方のチームがグラウンドは確保できたが、対戦調整がまとまらなかった場合
○片方のチームがグラウンドは確保できたが、リーグ開催地域外で対戦調整がまとまらなかった場合
・なお、試合が行われずに決定された勝敗については、公式戦とはなりません。公式戦として実績計上できるのは、実際に試合が行われた場合に限ります。

◆不戦勝・不戦敗
・不戦勝、不戦敗の規定は、リーグ公式戦の規定に則りますが、片方のチームがチーム事情により不戦敗を申し出た場合は、意向を尊重します。
(トーナメント戦にエントリーしたものの、どうしても人数が集まらない等の場合を想定しています。)

3.トーナメント戦実施の背景
・リーグ加盟チーム数の増加により、通常リーグ戦のプレーオフ進出が狭き門となったため。
・年間試合数に制限があるチームは、リーグ戦においてディビジョン優勝を目指すことが難しいため。

4.Q&A
・トーナメント戦の位置づけは?
・メインはあくまでリーグ戦ですが、年間の試合数がどうしても少なく、ディビジョン優勝が難しいチーム等の配慮のため立ち上がった施策です。2021年は「試行」として開催します。

・シーズン途中でリーグへ加盟した場合、トーナメント戦も途中参戦できますか?
・申し訳ありませんが、トーナメント戦参加エントリー締め切り後の途中参戦はできません。当年は通常のリーグ戦をお楽しみいただき、次年のトーナメント戦参加をご検討ください。

・相手チームが日程を融通してくれない(柔軟に対応してもらえない)
・あくまで自主対戦なので、両チームでうまく日程を調整して対戦をお願いします。自チームの都合だけを相手に押し付けず、お互いに相手の立場に立った日程調整をお願いします。
(相手チームが、自チームの日程に合わせてくれない等、日程調整に関するクレームを事務局あてにご連絡いただいても、事務局として調整することは非常に困難ですので、お控えいただきたくお願い申し上げます。)

・優勝の賞品は?
・現在検討中ですが、実用性の高い賞品をご用意する予定です。

最後に、事務局からお願い
・2021年は初めてのトーナメント開催ですので、事務局としても手探りです。あくまで「試行」として実施するものですので各種課題の考慮不足、不手際があるかもしれません、初年度で試行ですので、どうか温かい目で見ていただけますと幸甚です。(試行のため2021年に関しては、トーナメント戦の参加費用は無料としております。)